脱毛サロンでの処理で気になる毛嚢炎って何?

pixta_19246246_S

レーザー・光脱毛で出来るリスクがある「毛嚢炎」とは?

脱毛サロンにて脱毛処理をしてもらった際に、毛嚢炎という炎症を引き起こしてしまう場合があります。
これはレーザー脱毛、光脱毛の両方に出来るリスクがあります。
では、毛嚢炎とは一体どういったものなのでしょうか?

毛嚢炎は簡単に言うとニキビのようなものです。
これが脱毛によって出来てしまう原因となるのが、熱です。

脱毛機器により熱を与えると毛根にダメージが加わり、発毛しなくなるのですが、この時熱が毛根だけでなく皮膚である毛穴も傷つけてしまいます。
そこから細菌が感染してしまうことによって、毛の根元がニキビのようになってしまいます。
これを毛嚢炎というのです。

毛嚢炎が出来やすいのは陰部と男性のヒゲ脱毛で多く見られます。
陰部には細菌が多いため感染しやすいことが要因に挙げられ、男性のヒゲ脱毛はヒゲが太いことと男性は皮脂が多めだからと考えられています。

毛嚢炎の症状とは?

毛嚢炎の症状は、主にニキビのような突起です。
痛みや痒みなどは伴いませんが、重症化して炎症が化膿してくると膿が溜まってしまい、痛みや痒みが伴うようになってきます。

脱毛をした後に出来やすいのは、熱によって毛穴が傷つくことにより、肌のバリア機能が落ちてしまい、そこから細菌が感染してしまうのです。
そのため、ニキビが多めの人はもちろん、今までニキビがあまり出来たことの無い人でも脱毛をすることによって毛嚢炎を発症してしまう可能性が高まるのです。

毛嚢炎の予防方法

毛嚢炎は軽度なものなら自然と治ることが多いのですが、重度なもので化膿していると自然に治すことは難しくなってしまいます。
なるべく重症化する前に対処を行うことが大切です。

また、脱毛後はバリア機能が低下した肌から細菌が侵入しないように清潔にしなくてはいけません。
なるべく清潔に保てるように化粧水は殺菌効果があるものを選んだり、寝具などを清潔に保つようにしましょう。
ただし、化粧水で殺菌効果の高いものは肌の刺激が強いものもあるので注意が必要です。

次に保湿が大切になります。
一見関係ないように思われますが、脱毛後に保湿をしっかり行うことでバリア機能の低下を防いで細菌の侵入を防ぎます。

脱毛サロンによっては脱毛後の保湿ケアがしっかり行われているところもありますが、自宅に帰ってからもしばらくは保湿ケアを欠かさずに行うようにしましょう。
これだけで毛嚢炎のリスクはだいぶ低減されます。
脱毛後は毛嚢炎のリスクを減らすために清潔と保湿を心がけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ