ムダ毛処理でシミができるって本当?

pixta_16622165_S

脱毛サロンで脱毛をしていたら、シミができてしまった・・・という経験はありませんか?
このシミは、実は脱毛が原因ではありません。
では一体どんな事が原因でシミができてしまったのでしょうか。

シミができる理由

シミは、様々なことが原因でできると言われていますが、一番関係性が高いのがメラニンとの関係です。
ヒトの体は、紫外線を浴びることで、メラニンを生成します。

基本的に、ターンオーバーによって排出されるのですが、紫外線の影響によりたくさん作られてしまいます。
これによって、ターンオーバーでは処理をすることができなくなってしまうので、シミとなって浮き上がってくるのです。
シミがなぜできるのか、この仕組みを知っておくことで脱毛によってシミができたわけではないということを理解できます。

なぜ、脱毛でシミができるのか?

光脱毛を採用している脱毛サロンで、施術をすることで肌のターンオーバーが活発的になるので、今まで奥底で眠っていたメラニンがシミとなって現れてくるのです。
これが、脱毛サロンで脱毛をした後シミができた理由となります。

ですので、脱毛の影響によってシミができたわけではなく、いつか出てくるはずのシミは早くに出てきたのです。

脱毛によって発生したシミというのは、ターンオーバーが正常になると、自然と薄くなっていきますので、心配する必要はありません。

こういったことにならない為には、日焼け対策を日頃から行う必要があります。
そして、ストレスや不規則な生活によってシミの原因を作ってしまうこともありますので、普段の生活から注意しましょう。

シミがあっても脱毛可能

たくさんのシミやほくろがあると、「脱毛できないのでは?」とつい不安な気持ちになってしまいます。
レーザーや光脱毛は、黒い色に反応をするので脱毛できないイメージがありますが、脱毛サロンではきちんと保護をして施術をしてくれますので、施術自体は問題なく行うことができます。

ただ、シミやほくろの量や脱毛サロンによって対応が異なってきますので、カウンセリングの際に相談をしてみると安心して脱毛を受けることができます。

世の中にはたくさんの脱毛サロンがあり、どこがいいかわからなく判断できない人も多いですが、じっくりと時間をかけ決めるようにしましょう。
値段だけで決めてしまうと、脱毛効果が得られないと言ったことになりますので、サービス内容、施術実績など様々な点を比較し、自分に合った脱毛サロンを選びましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ